シエンタ絶好調でも、「C-HR」が大苦戦する理由

トヨタの主力車種で明暗が分かれた背景

販売が好調に推移するトヨタ自動車のコンパクトミニバン「シエンタ」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

最近のトヨタ車の国内販売状況を見ると、人気車の浮き沈みが激しい。2019年度上半期(2019年4~9月/日本自動車販売協会連合会のデータ)において、コンパクトミニバンのトヨタシエンタが売れ行きを伸ばし、対前年比は144%に達した。

一方でコンパクトSUVのC-HRは同69%だから、前年に比べて31%減。クラウンも64%なので、36%の減少となった。この販売格差は、どのような理由に基づくのか。

今夏からシエンタの販売台数が急増

シエンタは、2015年7月に発売された。2018年9月にはマイナーチェンジを実施して、2列シートのファンベースを加えるなどの改良を行った。この改良が販売増加に影響を与えたことは確かだが、それだけではないだろう。

改良後の対前年比を見ると、2018年10月には147%と大きく伸びたが、11月は135%、12月は124%と次第に伸び率が小さくなった。2019年1~6月は、112%と落ち着いている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ところが2019年7月の対前年比は157%(登録台数は1万0739台)に急増して、8月も158%(8745台)、9月は185%(1万3558台)と、2倍近くに達した。消費増税前の駆け込み需要が生じたことも考えられるが、トヨタ車全体の対前年比は、2019年7月が108%、8月は104%、9月は123%だ。増えていることは確かだが、シエンタの伸び率は際立っている。

シエンタの売れ行きが増えた理由をメーカーに尋ねると「2018年9月のマイナーチェンジ以降、とくに改良を実施したことや、新しい販売促進を打ち出したことはない」という。また、過去にも1カ月の登録台数が1万台を超えたことがあり(直近では2018年3月、同年11月、2019年3月など)、通常の需要変動に基づくとしている。

販売店に尋ねると「シエンタの売れ行きは好調だ。ヴォクシーのようなミドルサイズミニバンからの乗り換えが目立つ。また最初にミニバンを買うお客様も、コンパクトなシエンタを選ぶことが多い。その代わりアクア、パッソ、ヴィッツのようなコンパクトカーは、横ばいか減少になっている」と説明する。

次ページホンダN-BOXや日産ノートとの共通点
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT