金融資産が多いほど老後準備も万端という現実

50~70代の老後のお金に関する心配事は?

生涯の資金計画を立てていますか?(写真:haku/PIXTA)
明治安田総合研究所は、2019年3月に全国の55~79歳の男女5225人を対象として、「財産管理に関する実態調査」を行いました。今後の「人生100年時代」では老後の生活資金の確保が従来以上に大きな関心事となります。本稿では現在配偶者がいる55~79歳の男女の「人生100年時代」の資金計画や、リスク性資産での運用状況について、当研究所の調査結果を基にご紹介します。

70代後半の3割が老後破産を心配している

55~79歳の男女(現在配偶者がいる人、以下同)に、自分の世帯が老後破産(存命中に生活資金を使い果たしてしまうこと)することをどの程度心配しているか尋ねたところ、「心配している」(「とても心配している」+「心配している」)割合は男性60代前半46.8%、女性50代後半49.2%が最も高く、年齢層が高くなるにつれて心配している割合は低くなりますが、70代後半でも男性34.9%・女性29.2%と約3割が老後破産を心配しています。

次ページ生涯の資金計画を立てている割合は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。