金融資産が多いほど老後準備も万端という現実

50~70代の老後のお金に関する心配事は?

生涯の資金計画を立てていますか?(写真:haku/PIXTA)
明治安田総合研究所は、2019年3月に全国の55~79歳の男女5225人を対象として、「財産管理に関する実態調査」を行いました。今後の「人生100年時代」では老後の生活資金の確保が従来以上に大きな関心事となります。本稿では現在配偶者がいる55~79歳の男女の「人生100年時代」の資金計画や、リスク性資産での運用状況について、当研究所の調査結果を基にご紹介します。

70代後半の3割が老後破産を心配している

55~79歳の男女(現在配偶者がいる人、以下同)に、自分の世帯が老後破産(存命中に生活資金を使い果たしてしまうこと)することをどの程度心配しているか尋ねたところ、「心配している」(「とても心配している」+「心配している」)割合は男性60代前半46.8%、女性50代後半49.2%が最も高く、年齢層が高くなるにつれて心配している割合は低くなりますが、70代後半でも男性34.9%・女性29.2%と約3割が老後破産を心配しています。

次ページ生涯の資金計画を立てている割合は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT