金融資産が多いほど老後準備も万端という現実

50~70代の老後のお金に関する心配事は?

金融資産額別でみてみる

また金融資産額別でみてみると、リスク性資産を「運用している」は金融資産1000万円未満の場合、男性40.8%・女性25.8%、3000万円以上は男性88.5%・女性82.8%と、金融資産が多い人ほどリスク性資産を運用している人の割合も高い傾向があります。とくに3000万円以上の男性では、「50%以上」リスク性資産で運用している人の割合が17.5%と高くなっています。

長い老後生活において資金不足を心配している人は決して少なくはありませんが、実際に資金計画を立てるのは定年を機に、という夫婦が多いようです。老後資金の準備には早めの着手と自分に見合ったリスク許容範囲内での運用が勧奨されています。ただ、金融リテラシーを十分に備えてない人はリスク性資産での運用には消極的であるようです。

なるべく早く金融リテラシーの知識をしっかりと習得し、生涯の資金計画を立て、実行していくことが望ましいでしょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。