人生に「さよなら」した15歳少年が残した悲鳴

「教育委員会は大ウソつき」との手紙

辰乃輔くんが書いていたノートを指しながら当時を振り返る母・佳奈さん。SOSは再三、出されていた(写真:週刊女性PRIME)

《教育委員会は大ウソつき》

東京北部に隣接する埼玉県川口市。特別支援学校1年生の小松田辰乃輔(しんのすけ)くん(15)が9月8日未明、自宅近くのマンションの11階部分から転落した。「ドン!」という音で気づいた住人が119番通報。救急搬送されたが、死亡が確認された。警察は自殺とみている。

辰乃輔くんは中学時代にいじめを訴え、手紙を何度も書いていたが、学校や市教委は聞き入れなかった。結果、3度の自殺未遂を経ての死。母親の佳奈さん(仮名)が独占インタビューに応じた。

「今度こそさようなら」

辰乃輔くんは苦しい胸の内を自ら記していた。9月6日付のノートには痛切な思いがつづられている。

《教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守って嘘ばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない。僕は、なんのためにいきているのか分からなくなった=略=くるしいしい、くるしい、くるしい、つらい、つらい、くるしい、つらい》《今度こそさようなら》

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

佳奈さんが言う。

「うまく言葉にできないためノートは小学生から書いています。主に学校の先生に見せるためですが、苦しくなり見せてくれるときもありました」

中学卒業後に進学した特別支援学校については、「楽しい」と話していたという。欠席はない。だが、9月は最初に自殺未遂をした時期と重なり、精神的に不安定になっていた。

自殺の数日前にも、家からいなくなったんです。弟に“さよなら”と言っていたようで、すぐ探しに行きました。飛び降りたのと同じマンションの11階でうろうろしていたのを住人の人が見つけてくれて、話を聞いてくれたのです。“いじめがつらい”と言っていたようです。帰ってくると、卒業アルバムを見ながら“この先生が裏切った”“いじめを解決してくれなかった”と言っていました」

次ページ存在なんてなくなればいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。