キリン、ノンアルビールで「打倒アサヒ」なるか

健康志向が追い風、消費増税で駆け込みも

キリンが新たに発売するノンアルコールビール「キリン カラダ FREE」(撮影:梅谷秀司)

国内ビール販売シェア2位のキリンホールディングス(HD)が、現在市場3番手に沈むノンアルコールビールの強化に躍起になっている。

キリンHD傘下のキリンビールは10月15日、機能性表示食品のノンアルコールビール「キリン カラダ FREE」を発売した。同社は苦みを抑える効果と体脂肪を減らす効果がある「熟成ホップ由来苦味酸」成分を用いた「熟成ホップエキス」を自社開発。今回の新商品にこの熟成ホップエキスを使用した。

キリンの戦略商品「カラダ FREE」

キリンはこれまでに、機能性表示ノンアルコールビールとしては「パーフェクトフリー」なども販売している。だが、こういった商品は「脂肪の吸収を抑える」効果にとどまっていた。同社によると、200人の成人男女に新商品を1日1本、12週間飲用してもらった結果、おなかまわりの総脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)を減らす効果があったという。

「カラダ FREE」は、2021年度を最終年度とするキリンの中期経営計画に沿った戦略商品だ。中計では多角化戦略を掲げ、酒類・飲料事業の「食領域」と、傘下の協和キリンが手がける医薬事業の「医領域」を強化し、さらにその間にある「医と食をつなぐ事業」を新たに開拓する。今回の新商品はこの中間領域に攻め込む武器と位置付けられている。

キリンは9月、化粧品やサプリメントを手がけるファンケルを持ち分適用会社化した。健康意識の高まりや疾病予防の需要増加を見据えた動きで、今回のノンアルコールを含め、「今後も健康ニーズを開拓し、どんどん新商品を投入していく」(キリンビールの山形光晴マーケティング部長)という。

次ページ意外と小さなノンアルコールビール市場
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。