六代目山口組ナンバー2の出所にくすぶる火種

「帰る場所がない」現実と分裂・抗争の激烈

弘道会の台頭に焦燥感を募らせたのは、内部情報まで抜き取られていた警察も同じだった。

1992年に施行された暴力団対策法は、それまで合法的だった暴力団の興業や人材派遣、証券投資などを制限し、暴力団の経済活動を著しく狭めた。追い打ちをかけたのが2000年以降、各自治体が施行した暴力団排除条例だ。警察に「暴力団員」と認定されてしまえば銀行口座は凍結され、口座も開設できなくなった。住宅ローンは組めず、アパート・マンションへの入居も認められない。妻子まで「共生者」と見なされるため妻とは離婚し、週末に自宅を「訪問」するような生活を送る若い組員もいる。

「弘道会壊滅作戦」(2009年)を指示した安藤隆春警察庁長官(当時)は「弘道会こそ山口組の強大化を支える原動力」「弘道会の弱体化なくして山口組の弱体化はなく、山口組の弱体化なくして暴力団の弱体化はない」と暴力団壊滅の一丁目一番地に弘道会撲滅を掲げた。念頭にあったのが司氏であり、高山氏だった。

暴力団壊滅の序曲

事務所の使用制限仮命令は今月27日まで。その後、改正暴力団対策法(2012年施行)に基づき「特定抗争指定暴力団」に指定されれば3年間、事務所は使用できず、5人以上で集まることも認められなくなる。組織の維持運営は不可能になるだろう。

司・高山コンビが築き上げた六代目山口組はどうなるのか。なお、名古屋市の郊外には、司氏が組長を退いた後に住む家用の土地約3000坪が確保されているという情報もある。組長の座を高山氏に禅譲するスキームがすでに出来上がっているということだろうか。

注目が集まるのが高山氏の今後の判断だ。このまま抗争を続けるのか、それとも警察の締め付けをかわすための和解を模索するのか。裏切りは許さない男と言われるが、“裏切った”とみる神戸山口組への報復を続ければ、警察による解散命令を招くだろう。実力者は出所したが、同時に、暴力団壊滅の序曲が流れ始めている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT