「先に診察室に呼ばれる患者」の知られざる特徴

待ち時間を少なくするためにできること

「どう見ても自分より調子がよさそう」なのに先に呼ばれる人がいるのはなぜでしょうか?(写真:Ushico/PIXTA)
病院は待たされるというイメージがある方が多いと思います。しかも、ほかの健康そうな患者さんが先に呼ばれたり、簡単な治療でもやたら待たされることもあり、病院がどのように運営しているのか、ますますわからない感じがします。
知ってはいけない 医者の正体』の著者の平松類氏は現役の医者。巨大な総合病院である大学病院から、街角にある小さな診療所まで全国各地の病院に勤務し、延べ10万人以上の患者さんと接してきたことから、患者からの「医者にすごく聞いてみたい質問」に数多く答えてきています。そんな平松氏が、私たちがよく抱く疑問について解説します。

先に呼ばれる患者に共通すること

外来で呼ばれる順番が前後するのはなぜでしょうか? 「病状により前後します」と書いてありますが、「どう見ても自分より調子がよさそう」なのに先に呼ばれる人がいて腹が立つこともあります。それはいくつか理由があります。

先に呼ばれる患者さんでとくに多いのは、「ぱっと見では異常はないが、実は重症な人」。例えば、普通に見えるけれども、実は脳に出血が溜まっていて、「このままだと意識を失う可能性があるので手術が必要」といった人などです。

時間がかかる人も、先に呼ばれがちです。検査がいくつか必要で、先に診察をしてから検査をしたいという事情があります。

前回待たせすぎた患者さんも、早く呼ばれることが案外多くあります。例えば、「何時間も待たせて検査だけしたら、怒って帰ってしまった。なので次回の診察は、早い」ということです。

感染症の人も、早く呼ばれます。そのまま待たせておくと、人にうつしてしまうからです。咳をしていなくても、感染症の人はいます。

次ページ待っていることを忘れられていることもある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。