有能な上司ほど「部下に期待しない」理由 期待値が高いことは「百害あって一利なし」

拡大
縮小

デキる部下だけを選んで任せれば、うまくいくに決まっています。

しかし、現実には、上司は部下を選べないことがほとんどです。
「部下は上司を選べない」とよく言いますが、逆もまた真なりです。

にもかかわらず、多くの上司は仕事を任せる前から「任せられる部下がいない」と諦めてしまっています。

部下を目の前にして、

“責任感がない”
“意識が低い”
“やらされ感が強い”
“やる気がない”
“何度言ってもやらない”
“能力が低い”

さまざまな理由をつけて、「この部下には任せられない」と半ば諦め、「もっといい部下をよこしてくれたら」と淡い願望を抱いたり、「なんでオレの部下はダメなやつばかりなんだ」と嘆いたりします。

部下を選べないのに選ぼうとするから、「任せられる部下がいない」という発言が生まれるのです。

しかし、これが間違い。部下を選ぼうとしてはいけません。

実は、任せることができない本当の理由は、上司が「任せる前から任せることを諦めている」からなのです。

「期待値が高すぎる」と上司は任せるのが下手になる

ここでは、ダメな部下でも任せられる効果的な方法を紹介します。

それは、「部下への期待値を下げる」ことです。

あなたが任せられない、任せてもうまくいかない、任せる前から諦めている、その根本の原因は、あなたの「部下への期待値」が高すぎることです。

あなたは、「部下に期待する」のはいいことだと思っていませんか? 確かに、「あなたには期待しているよ」と言葉をかけるのは、部下を勇気づけ、やる気を起こさせる好ましい行為と言えるでしょう。

しかし、これはあくまで「将来への期待値」です。将来に対してなら、いくら期待値を高くしてもかまいません。

次ページ「任せない」のは負のローテーション
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT