有能な上司ほど「部下に期待しない」理由

期待値が高いことは「百害あって一利なし」

部下に仕事を任せないのは、成長を妨げることにほかなりません(写真: ふじよ/PIXTA)  
研修の企画・講師を年200回、トータル2000社、累計2万人を超えるビジネスリーダーの組織づくりに関わってきた組織開発コンサルタント・高野俊一氏による連載「その仕事、誰かに任せなさい!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

部下に「仕事を任せない」のは効果的なのか?

「仕事を任せる」というテーマで、部下を持つビジネスマン向けに研修をすると、多くの皆さんがこうおっしゃいます。

「任せられる部下がいないんです」

詳しく聞いてみると、「部下はいるのですが、彼・彼女らが未熟すぎるので、任せるレベルにない」というのです。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

これは本当によくあるケースで、仕事を任せたいのはやまやま、部下を目の前にして、「この子に任せろと言うんですか?」という気持ちになっているわけです。

「ダメな部下」の方が、任せるのは難しい。それは事実です。

「デキる部下」なら、あなたの任せ方が雑でも、動機付けが下手でも、何とかやってくれる可能性は高くなります。

「ダメな部下」「デキない部下」に任せようとすると、なかなかうまくいきません。そのため、「自分の部下がデキるヤツだったら……」と、どうしても上司は部下への不満がつのってしまいます。

ちなみに「任せる」ことをテーマにしたビジネス書を開くと、「任せるべき部下を選べ」というアドバイスが目につきます。これは効果的な方法なのでしょうか?

部下を選ぶことができたなら、こんなに簡単なことはありません。

次ページ部下は「選べないもの」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。