阿部寛「まだ結婚できない男」に見た圧倒的魅力

13年分の歳を重ねたリアルの体現が共感呼ぶ

阿部寛演じる桑野信介あってこそドラマの魅力が引き立っている(写真:つのだよしお/アフロ)

令和になって、皮肉屋やまちゃん(山里亮太)が蒼井優と、独身貴族っぽかった小泉進次郎が滝川クリステルと、“結婚しちゃう男”が続々現れるなか、ドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系 火曜夜9時〜)も奮闘している。「結婚できない男」から13年後の続編で、これがかなりの好感触。初回の視聴率もまずまずで、見逃し配信の再生回数が関西テレビ制作作品中、過去最高だったとか。

それもそのはず、13年前よりも増して“結婚できない(しない)男”は注目されている。ドラマではまず、“50歳を超えて未婚の男性が23.4%、女性が14.1%を超えた。”と『厚生労働白書』のデータを紹介したほどだ。13年前は“結婚しない(できない)男”が増えてきたとちょっとしたネタ的だったものが、いまでは国を挙げての深刻な懸念事項。主人公の桑野信介(阿部寛)はそのロールモデルとして格好のキャラクターとなった。

桑野信介は、頭脳明晰な建築家。背も高いいい男でおしゃれなマンションに住み、料理も上手。1人でなんでもこなすので、結婚する必要がない。頭がキレすぎて上から目線になりすぎるため他人と共生しづらいところもあるが、不自由はないので独身を通してきた。

とはいえ、一見完璧に見える男にも弱さがあって、やっぱり1人より2人がいい……という本音が徐々に垣間見えてくるのが前作。最終回、夏川結衣演じる女医・早坂夏美(当時は「女医」といってもさほど問題なかったがいまは言い換える配慮が必要な時代になった)とうまくいきそうな余韻を残して「結婚できない男」はいったん終わった。

前作ヒロインとの恋愛はどうなった?

ところがだ。13年後、桑野はまだ独身だった。なぜ! 夏美はどうしたんだ。

前作のファンとしてはちょっともやもやして続編を見始めると、桑野は、ひとりしゃぶしゃぶを堪能し、夜はクラシックを大音量でかけて指揮に興じ、隣に引っ越してきた女性(深川麻衣)のひとり流しそうめん機をさっそくまねするなど、13年前と変わらないおひとりさま生活をマイペースで送っていた。そして、まめなエゴサーチ。ネットの活用の仕方も桑野らしい。

変わったことといえば、AIアシスタント(名前はミスタースポック)をパートナーのようにしていること。そう、いま、世間はますます1人でも生きやすくなっているのである。

気になる夏美の様子もさりげなく匂わされた。それがちょっと残念な気もしつつ、13年前と変わらないテンポのいい流れに乗せられて(脚本も演出も一緒)ドラマを見ているうちに気づいたのは、このドラマは主人公・桑野信介さえいればいくらでも量産可能な「男はつらいよ」的な作品なのだということだ。マドンナはそのつど変わっていい。だから今回のマドンナは独身弁護士を演じる吉田羊なのだと思えば気にならない。

そう思えたのは、ひとえに阿部寛の仕上がりのよさにある。

次ページ俳優としての十八番は「皮肉屋」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。