「枕がイマイチな人」に教えたい簡単改善のコツ 寝具の値段と睡眠の質は比例しない

印刷
A
A

マットレスの場合、半年ごとにひっくり返したり、上下を入れ替えたりしてあげると少しは寿命が伸びますが、それでも10年も使うのは無理でしょう。

快適な睡眠環境を整えるためには、寝具は5年を目安に買い替えることが大事です。すると、そのサイクルで買い替えるものに、どこまでお金を払うべきか、という問題が出てきますが、私は、手頃な値段で、気持ちよく寝られるものを選ぶのがいちばんだと思います。

自分にぴったりフィットする枕を自作する

寝具の中でも、とくに枕は、なかなか自分にぴったりのものが見つからない、という人も多いでしょう。人の頭や体の形は実にそれぞれですから、市販の枕が完全にフィットするということはなかなかありません。

それなら、自分でカスタマイズしてしまいましょう。といっても、難しい方法ではありません。1、2枚のバスタオルがあれば、誰でも簡単につくることができます。

①バスタオル1枚(薄手の場合は2枚)用意する。
②バスタオルを手前から丸めていく。
③丸めたバスタオルを枕の手前にくっつける。
④バスタオルをセットしたら首にフィットさせる(高くするときは多く巻き、低くするときは少なく巻く)。

 

こうして出来上がった枕は、丸めたタオルの厚みで首、肩と敷布団の間の隙間を埋めてくれます。この形がポイントです。

次ページこの自作枕の発想は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT