危機のJDI、見えぬ「スポンサー探し」の終着点

総会前日の出資者離脱でも資金繰りは万全か

2014年にJDIが上場した際に同社株を購入した株主からは悲痛な声が複数上がった。ある株主は、「証券会社に勧められて、何万株も(JDI株を)持たされた。だまされたほうがバカだが、何千万も損をしている株主がいることをわかってください。(JDIの経営陣は)皆、他人事に思っている」と怒りをぶちまけた。

「経営陣は100%報酬をカットすべき」との指摘も集中し、会場から拍手がわき上がる場面もあった

株主の質問に対し、菊岡氏は「私も2年前からJDIに入ったが、これからは自分の人間関係も生かしながら、外部の人を迎え入れていきたい。INCJから大きな支援を受けつつも、自助努力をしていきたい」と答えた。

今期の黒字転換は本当に可能なのか

総会では珍妙なやりとりもあった。INCJの再建を道半ばにして、2019年3月末に病気療養で退任した東入来信博・会長兼CEOについての質問に、月﨑氏は「現在は病も回復し、ご自宅で悠々自適の生活を送っている」と明かし、会場の失笑を買っていた。

結局、会社側の提案した4本の議案はすべて可決された。総会に来場した60代の男性株主は、「自分が何に賛成・反対すればよいのかよくわからず、キツネにつままれたような気持ち。今は、1円でも損切りしたいと祈るばかり」と吐露。別の男性株主も「経営陣が飄々としているのが気になる。経産省が潰さないと内心わかっているからなのかな」とあきれる。

JDIは、6月末時点で工場の減損損失や早期退職に関する費用により772億円の債務超過に陥っている。2019年3月期まで5期連続の最終赤字だが、足元では「新製品(アップルの新型スマホ「iPhone11」向けパネル)の投入により、計画比プラスで推移している。有機ELの新製品や指紋認証用センサーの出荷も控える。黒字転換は可能」(月﨑氏)と強気だ。しかし、これまで何度も下方修正してきた「実績」がある以上、月﨑氏の言葉通りに捉えることは難しい。

JDI株の27日の終値は60円。国策の名の下にここまで延命してしまった企業の行く末に責任を誰が持つのか。異例の株主総会がその実態を浮き彫りにしてしまった。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。