2度婚約破棄された41歳男性がつかんだ幸せ

「汚物の臭いが生理的に無理」と言われた

「僕は、どうしていつもこうなってしまうんだろう」

落ちこんでいた祐一だったが、しばらくすると気持ちを仕切り直して、お見合いの申し込みをかけ出した。彼のすばらしいこところは、何があっても腐らず、やるべきことは何かを考え、行動を起こしていくことだ。

高校時代に両親が離婚し、放り出され、金銭的に困窮しながらも、どうしたら自分が生きていけるのかを模索し、道を切り開いてきた。そんな彼だから、腐ったり止まったりしたら、そこには何も生まれないことを知っているのだろう。

淡々とお見合いを続けていく中で、このたび入籍をした工藤陽子(仮名、34歳)に出会った。洋子との付き合いは、祐一よりはむしろ、陽子のほうが積極的だったように思う。

付き合いが始まって、2カ月経った頃、祐一からこんな連絡がきた。

「陽子さんが趣味でやっているピアノの発表会があったので、聴きに行ったらお母さんがいらしていて、紹介されました。突然でびっくりしたけれど、『陽子さんとお付き合いさせていただいている藤岡です』とあいさつをしました。お母さんにお目にかかったし、陽子さんとは真剣交際に入ろうと思います」

諦めずに婚活を続けてよかった

陽子の父親はすでに他界していて、母1人子1人で暮らしていた。親との縁が薄い祐一は、陽子の母を思う気持ちにできるだけ寄り添いたいと思ったようだ。そこで、「洋子さんと結婚したら、お母さんと同居してもいいよ」と、申し出た。

その申し出に、結婚話はトントン拍子で進んでいった。プロポーズ、成婚退会。先日入籍を終えた祐一が、私のところに遊びにやってきた。そして、しみじみと言った。

「やっと結婚できました。長い道のりでした。でも、諦めずに婚活を続けてよかった」

“結婚をしてこそ一人前”という考えは、もはや古い。結婚するか、しないかは、個人が選択する時代。

そんな時代に祐一が選択したのは、家族を作るための結婚。母親の浮気による両親の離婚、その後父親からは金銭援助を断ち切られ、独りで生きてきた彼だから、温かい家庭を築きたいのだろう。

幸せな家庭を、これから地道に築いていってほしい……。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。