「恋愛未経験」41歳男性が今すぐやるべきこと

ずっと非正規だったので、余裕がなかった

恋愛をすることなく、40代になってしまった大人ができる婚活とは(Kazpon/PIXTA)
「人生の中で、ほとんど恋愛をしたことがない」という男性が面談に来た。「このまま1人で年をとっていくのは、あまりにも寂しいから結婚をしたい」という。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「恋愛未経験者が結婚するにはどうしたらいいか」について考えたい。

面談に来た米川静夫(41歳、仮名)は、開口一番にこう言った。

「今まで恋愛らしい恋愛をしないままに、ここまで来てしまいました。唯一の恋愛は、大学時代に文通をしていた彼女がいたことです。遠距離恋愛でした」

この連載の一覧はこちら

異性との“文通”は、交際になるのだろうか。ただ男女間の交際というのは、それをどう捉えるかは、その人次第。結婚のように婚姻届が存在するわけではないので、彼にとって文通していた彼女は恋人だったし、恋愛の相手だったのだろう。

「生きること=仕事」の人生

「それを最後に社会人になってからは、女性とお付き合いしたことがありません。合コンに誘われて、1~2度行ったことがありましたが、そこで電話番号を交換することもなく、参加しただけで終わってしまいました」

身長は170センチ近くあり、スラリとした細身で清潔感もある。顔もハンサムな部類に入るだろう。そんな彼が、なぜ恋愛には無縁だったのか。

「今まで“生きること”イコール“仕事をすること”だったんです。大学を卒業してから起業したんですが、それでは食べていけなかった。そこで、IT関係の仕事をフリーランスでやったり、契約社員で働いたり。生きていくのに精一杯でした。“数年後に仕事がどうなっているのか”“業界で生き残っていけるのか”そんなことを考えていた20代、30代でした」

合コンに行き、女性を誘ってデートをするには、お金がかかる。金銭的にも精神的にもその余裕はなく、恋愛には目が向けられなかったという。しかし、ここで婚活に目を向けられる転機が訪れた。

次ページ1人でも生きていけるけれど、温もりも欲しい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。