ラグビー日本が「最強アイルランド」と戦う意味

4年前の南アフリカ戦のような奇跡起こせるか

アイルランドから応援に駆けつけたファン(筆者撮影)

外国人でにぎわうのは試合会場だけでない。全国12の開催都市に設けられたファンゾーンも連日、海外からの観戦客であふれかえる。

同ゾーンには大型スクリーンが設置され、ライブ観戦できるほか、元日本代表選手や国内最高峰のトップリーグで活躍する選手を招いたトークショーなども開かれている。大会のワールドワイドパートナーであるオランダのビール会社「ハイネケン」のバーも出店。ビール待ちの外国人が列を作っている。

試合談議に花を咲かせる彼らが手にするのはビール。とくにアイルランドファンの飲みっぷりはすさまじかった。試合前にはスタジアム周辺、試合中のスタンドでもよく飲む。そして、試合後は近くのバーなどで祝杯。ホテルへ帰るための電車にはアルコール飲料を手に乗り込むと再び、「ザ・フィールズ・オブ・アセンライ」を声高らかに歌い上げる。「ラグビーファンの1試合あたりの消費量はサッカーファンの6倍」という指摘も決して大げさではなさそうだ。

東京スタジアムの近くにある京王電鉄・調布駅前のファンゾーンには日本対ロシア戦の当日、1万1500人が足を運んだ。訪れた日本人からは「まるで日本じゃないみたい」との声も上がる。

会場のパフォーマンスも人気に

試合会場での演出も斬新だ。流れる音楽に合わせて観客がノリノリで手拍子をする。アイルランド・スコットランド戦のハーフタイムには、ジョン・デンバーやオリビア・ニュートン=ジョンの歌唱で知られる「カントリー・ロード」の歌詞が大型スクリーンに映し出されて大合唱。リードするのはアイルランドとスコットランドのファンだ。

日本人のファンでも一定の年齢を過ぎていればサビの部分は歌える人が少なくないだろう。アメリカ・メジャーリーグで7回裏の攻撃前に流れる「Take me out to the Ball Game(私を野球場に連れて行って)」さながらの光景だ。

開幕からの1週間で観客動員数はのべ42万人を超え、1試合の平均観客数は3万5517人を記録している。チケット販売も順調だ。決勝戦は11月2日。44日間にわたる大会開催期間中は、世界から日本ラグビーへの注目が高まる一方だ。

日本代表が4年前果たせなかった悲願の「ベスト8」進出に向け、最強のアイルランドにどんな戦いを挑むのか。日本ラグビーの真価が問われる戦いが近づいている。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT