「セクシー発言」小泉進次郎は中身がないのか

脱火力で立ち往生、汚染水処理で批判相次ぐ

一方、小泉氏をめぐる今回の国際的騒動について、任命権者である安倍首相は「われ関せず」(側近)とばかりに傍観を決め込んでいる。小泉氏を環境相に起用した際、首相は周囲に「どれだけやれるか試す」と漏らしたとされる。首相周辺も「小泉氏が環境相として成功すれば政権にプラスとなり、失敗なら小泉氏1人が責任を取ればいい」と突き放す。

その小泉氏が就任と同時に直面したのが、福島原発事故に伴う放射能汚染水の処理問題だ。原田義昭前環境相が退任直前の記者会見で、「希釈して海に流すしかない」と問題提起、地元が猛反発する中でのバトンタッチとなったからだ。

就任会見で原田発言について聞かれた小泉氏は「所管外」と断りつつ、「福島の関係者の方々がこれ以上傷つくことのない議論を」と語ったうえで、翌日には福島県に赴き、内堀雅雄知事や地元漁業関係者に後任環境相の立場で謝罪した。

大臣就任でにじむ「これまでと違うという不安」

ただ、原田氏がすぐさま雑誌のインタビューなどで「寄り添うだけでは被災地は救えない」と小泉氏に苦言を呈し、与党内でも「小泉氏は大臣として汚染水処理問題を政治決断する立場。行政のトップとしては極めて稚拙な対応」(閣僚経験者)との批判が相次ぐ。

自民党が惨敗した10年前の「政権交代選挙」で初当選して以来、端正な容姿と父親(小泉純一郎元首相)譲りの歯切れよい弁舌で、瞬く間に「自民党の若大将」(自民幹部)に躍り出た小泉氏。とくに、国政選挙での街頭応援演説では必ず「ご当地ネタ」で聴衆をひきつけるなど、「演説での抜群の運動神経」(自民選対)で首相をしのぐ人気応援弁士として東奔西走してきた。

その一方で、テレビの討論番組には出演せず、野党議員との1対1の政治論議も避けてきたとされる。政局の節目や政権スキャンダルの発覚時にも、父親が得意だった当意即妙のコメントを発してきたが、大向こうをうならせる小泉流発信は「言いっ放しの一方通行」が大半だった。

しかし、「行政のトップとなれば説明責任や決断が求められる。当然、メディアも小泉氏の発言を厳しく検証するようになる。(就任以降の小泉氏の表情には)これまでと違うという不安がにじんでいる」(閣僚経験者)との見方も広がる。

次ページ森友学園問題でのコメントで立ち往生も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT