「セクシー発言」小泉進次郎は中身がないのか

脱火力で立ち往生、汚染水処理で批判相次ぐ

アメリカ・ニューヨークの国連本部で開かれた都市の脱炭素化に関するイベントで演説する小泉進次郎環境相(写真:時事通信)

第4次安倍再改造内閣が発足してから半月が経った。初めての外遊も含め、唯一の目玉閣僚だった小泉進次郎環境相が注目を集めている。

ただ、得意の英会話も含めてこれまでどおりの歯切れのよい語り口なのに、「中身がない」との批判も広がっている。閣僚としての質疑応答で答えに詰まる場面もあり、与党内では「言語明瞭意味不明といわれた故竹下登元首相に似てきた」「化けの皮がはがれ始めた」という指摘も出始めている。

気候変動には「セクシーに」対応する

安倍晋三首相が「安定と挑戦」と名付けて9月11日に発足させた新体制は、一部で「アベ友だらけの閉店大セール内閣」と揶揄されるなど、陣容は目新しさに欠ける。その中で唯一存在が際立ち、国民の期待も集めているのが小泉氏だ。

38歳という戦後3番目の若さでの初入閣だが、すでに、各種世論調査の次期首相候補では人気度ナンバー1で、就任前後から小泉氏の一挙手一投足が報じられ続けている。

その中でも注目されたのが、環境相としての外交デビューだ。アメリカ・ニューヨークで国連総会に併せて開かれた「国連気候行動サミット」などが国際社会での初舞台となった。

9月22日(現地時間)の国連気候行動サミットで演説した小泉氏は、「日本は1997年に京都議定書を採択したが、リーダーシップを十分に発揮してこなかった。今日からわれわれは変わります」と高らかに宣言した。これだけなら「無難な顔見世興行」(外務省筋)ともみえたが、内外に物議をかもしたのが並行して行われた小泉氏の会見だった。

その中で小泉氏は、気候変動という世界的難題への対応について「楽しくカッコよく、そしてセクシーに」と発言したからだ。

次ページ脱火力発電の質問に口ごもる小泉氏
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。