YouTuber議員の影響力をまるで侮れない理屈

「参加型民主主義」が広がれば分断も進む

日本でも国会議員のYouTuberが少しずつ増えてきています(写真:玉木雄一郎氏(左 撮影:尾形文繁)、立花孝志氏(中央 撮影:Motoo Naka/アフロ)、小池晃氏(右 撮影:風間仁一郎))

「国会議員YouTuber」といえば、NHKから国民を守る党(N国党)党首で参議院議員の立花孝志氏が何かと話題である。最近、国民民主党代表で衆議院議員の玉木雄一郎氏と対談した動画が賛否両論を呼んだ。

玉木氏が自身のYouTubeチャンネル「たまきチャンネル」の番組に立花氏を招待し、選挙戦略や「森友問題」などについて1時間半にわたり語り合ったもので、9月13日に1回目、19日に2、3回目をそれぞれ配信した。ちなみに1回目の動画のタイトルは「NHKをぶっ壊す男、登場!」となっている。立花氏が離党した区議への脅迫容疑で、警察から事情聴取を受けた直後だけに、国民民主党の支持者を中心に批判が殺到したのである。

政治とYouTubeをめぐる重要な変化

しかし、この炎上騒動ばかりに目を奪われていると、政治とYouTubeをめぐる重要な変化を見落としてしまう。玉木氏がそもそも立花氏との接触を望んでいた理由の1つが、立花氏が「動員力のある人気YouTuber」だったからである。実は、日本でも国会議員のYouTuberが少しずつ増えてきているのだ。

玉木氏は2018年7月に初めてYouTubeチャンネル「たまきチャンネル」を開設した。テレビのニュース番組などで見る堅苦しい様子とは打って変わって、「【国会食レポ】たまき、タピるー」という動画では、スイカ果汁100%ジュースのタピオカトッピングと、タピオカほうじ茶ラテの飲み比べをするなど若者受けを狙った動画をアップしている。

また、説明文に「国会議員としての本来の姿である、街の生の声を直接聞く、ガチ突撃インタビュー!と、国会で議論されているような、難しいことをわかりやすく説明していくチャンネルです」とあるとおり、今年7月の参議院選挙前には、東京・品川区の商店街に繰り出して、お店の人たちに消費増税に対する率直な感想を求めた。

「(消費増税に)徹底的に反対する人がいない」「(野党は)甘いと思っています」などという厳しい言葉に向き合う姿勢を見せた。

次ページ今年3月にYouTuberデビューを果たしたのは…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。