マックの「ドナルド」実は名前が違うという衝撃

意外と統一性がない外国人の名前の呼び方

気になっていろいろ調べてみますと、どうやら日本にマクドナルドが入ってきた時代に「ロナルドだと発音しにくい」ということから「ドナルド」になったということのようです。Ronald McDonaldとDonald McDonald、う~ん、英語圏の私にはピンとこないのですが、みなさんはどちらが発音しやすいですか?

ロナルドつながりでもう1つお話しますと、第40代アメリカ大統領といえば「ロナルド・レーガン(Ronald Regan)」ですね。ハリウッド俳優として若い頃から知名度の高かったレーガン氏ですが、実は若い頃は「リーガン」と名乗って(発音)いまして、日本でも大統領就任当時はニュースでも「リーガン大統領」と記載されていました。

レーガン大統領、もとは「リーガン」だった

実際Reganというつづりはアメリカ英語では「リーガン」に近い音なのですが、ご本人が途中から「レーガン」と名乗るようになって、日本のメディアもある段階で記述を「レーガン」に切り替えています。レーガン氏はもともとアイルランド系の家系で、アイルランド式の発音では「レーガン」と発音するので、自分の出自にこだわって発音を変えたようです。

こうして名前にまつわるエピソードを見てみますと、英語のつづり(アルファベット)と日本語の五十音は1:1で対応させることはかなり難しいことがわかります。ここにヒアリングの壁ともいえる問題があり、五十音という固定観念を英語については捨てることで、ヒアリングはかなり改善されるでしょう。

ただ、これは何も日本語固有の問題ではなく、世界にはいったいこの人の名前はどう発音したらよいのだろう、という人がうんといます。そんな時は遠慮なく「How I pronounce your name?(君の名前はどう発音したらいいの?)」と聞いていいと思います。

大体そういう難読な名前の人は本人も(日本の末次さんもそうであるように)心得ていて「ああ、本当はSuetsuguだけど、スエさんとよんでください」というようなコミュニケーション上の工夫をしているようです。こうして互いの違いをわかりあう姿勢は、語学という領域を超えて必要なことですね。

なんにせよ名前は個人のアイデンティティーの最も重要なもの、互いに大切にしあいたいものです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。