日本だけでない「世界的な人口減少」は不可避だ

「人口・出生率・死亡率」の深い関係を分析

逆に言えば、現代の平均寿命が長くなったのは、乳児死亡率が低くなったからです。つまり、平均寿命が短いということは乳児死亡率が高いことであり、乳児死亡率が高い時は出生率も高いのです。たくさんの子が死ぬ(乳児死亡率が高い)時代は、それだけたくさん産むようになっていたわけです。

そして医療の発達などで乳児が死ななくなれば、そもそも女性は出産をしなくなります。事実、乳児死亡率と出生率との相関係数は0.9341と高いものになっています。

日本の出生率と死亡率の推移

繰り返しますが、これは、全世界的に共通する動きです。人口学的には、人類は「多産多死→多産少死→少産少死→少産多死」というサイクルで流れてきています。

1899年からの日本の出生率と死亡率の推移をこの4つのステージにあてはめると非常によくわかります。戦前までは出生率30以上、死亡率16以上の「多産多死」時代でした。戦前の死亡が多かったのは、戦争や関東大震災など災害によるものだと思いがちですが、死亡の最大の原因は病気です。そして、その病気の最大の犠牲者が乳児たちでした。

1918年は出生千対の乳児死亡率が189もありましたが、これはその時期世界的に猛威をふるったスペイン風邪の影響です。乳児死亡率が初めて100を切ったのは1940年のことです。「七つまでは神のうち」という言葉が言われていたように、7歳まではいつ死んでもおかしくない状態でした。七五三をお祝いするのはそんな意味合いもありました。

戦後は、生活環境の改善と医療技術の発展により、乳児死亡率はすさまじい勢いで減少していきます。戦後2度のベビーブームの影響もあって、日本は「多産少死」時代へ入りました。戦後の1951年から2011年まで、日本の死亡率はわずか10.0未満の状態が60年間も続きました。

次ページ「子どもは2人まで」宣言とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。