なぜか自己肯定感が低い日本の未婚男性の実像

「男らしさ規範」の意識の強さの差が関係?

日本の未婚男性はなぜ自己肯定感が低いのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

幸福度は、未婚者より既婚者の方が高く、男性より女性の方が高い。これは、ほぼ全世界的に共通します。その中でもとくに、日本は既婚者の方が未婚者と比べて幸福感が高く、未婚男性の幸福度が、未婚女性と比較して群を抜いて低い(不幸度が高い)ようです。

日本の未婚男性の低さはダントツ

下図はISSP(国際社会調査プログラム)の2012年調査の一部抜粋ですが、調査対象である約40カ国の中でも日本の未婚男性の幸福度の低さはダントツでした。

年代別の幸福度を見ても、幸福度が「未婚<既婚」および「男<女」である傾向は一緒です。未既婚年代別に見ると40代未婚男性が最も不幸度が高くなります。つまり、日本の40代の未婚男性とは世界一不幸度が高い人たちと言えるのかもしれません。

幸福度と自己肯定感とは強い正の相関があります。自己肯定感が高い人ほど幸福感が高くなります。

次ページ子どもの自己肯定感を見てみる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。