なぜか自己肯定感が低い日本の未婚男性の実像

「男らしさ規範」の意識の強さの差が関係?

日本の未婚男性はなぜ自己肯定感が低いのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

幸福度は、未婚者より既婚者の方が高く、男性より女性の方が高い。これは、ほぼ全世界的に共通します。その中でもとくに、日本は既婚者の方が未婚者と比べて幸福感が高く、未婚男性の幸福度が、未婚女性と比較して群を抜いて低い(不幸度が高い)ようです。

日本の未婚男性の低さはダントツ

下図はISSP(国際社会調査プログラム)の2012年調査の一部抜粋ですが、調査対象である約40カ国の中でも日本の未婚男性の幸福度の低さはダントツでした。

年代別の幸福度を見ても、幸福度が「未婚<既婚」および「男<女」である傾向は一緒です。未既婚年代別に見ると40代未婚男性が最も不幸度が高くなります。つまり、日本の40代の未婚男性とは世界一不幸度が高い人たちと言えるのかもしれません。

幸福度と自己肯定感とは強い正の相関があります。自己肯定感が高い人ほど幸福感が高くなります。

次ページ子どもの自己肯定感を見てみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT