「博士の卵」半減!科学王国日本の超ヤバい未来

近い将来「ノーベル賞ゼロ時代」が現実となる

博士の卵が激減している大学院。なぜ減少の一途をたどっているのでしょうか(写真:zhudifeng/iStock)  
ノーベル賞の発表が目前に迫っているなか、科学立国日本の将来に警鐘を鳴らす書が刊行された。『科学者が消える ノーベル賞が取れなくなる日本』を上梓した岩本宣明氏が、数多くのデータから日本の危機を明らかにする。

空洞化する大学院博士課程

ノーベル賞シーズンが近づいてきました。近年の日本人受賞ラッシュはご存じのとおりで、今年も、物理学賞に東京大学の十倉好紀教授ら、化学賞に藤田誠教授ら、生理学・医学賞に京都大学の森和俊教授ら、文学賞の作家の村上春樹さんと、日本人有力候補者は目白押しです。

『科学者が消える ノーベル賞が取れなくなる日本』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

昨年、生理学・医学賞を受賞した本庶佑・京都大学名誉教授に続き、うれしい知らせが舞い込んでくる可能性は高いと言われています。

喜びの授賞シーズンを前に水を差すようで気がひけますが、近年の日本人科学者のノーベル賞受賞ラッシュとは裏腹に、日本の科学界や大学は大変な状況に陥っています。

2016年に生理学・医学賞を受賞した大隅良典・東京工業大学栄誉教授や本庶教授は、受賞後の会見などで、日本の研究現場は危機的状況にあり、このままでは将来日本人がノーベル賞を受賞することはなくなる、という主旨の発言を繰り返し、若手研究者育成のため、ノーベル賞の賞金を基金として、財団や基金を創設されているほどです。

日本の科学技術力の衰えは、数年前からさまざまな人々が指摘していることです。その根拠としているのは、学術論文数の減少です。科学技術先進各国が論文数を増やしているのに対し、日本の論文数は減少しています。

次ページ科学技術白書が示すデータ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナウイルスの恐怖
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。