メルペイあと払い、「弱者搾取」を防ぐ具体策

ファッション領域でもメルカリ活用の新機能

――スマホ決済各社の直近の発表を見ていると、「還元」一色だった今年前半とは打って変わり、独自の機能や方向性、各社の色が出てきたと感じます。

メルペイとしては、創業当初からどうやって「メルペイらしさ」を打ち出すかを最重視してきた。スマホ決済に限らず、フィンテックという領域ですでに多くの会社がサービスを提供している中、メルペイは後発でスタートしている。メルカリ、メルペイであることの独自性をどう出すか、どうしたら必要とされる存在になれるか、ずっと考えてきた。

――そうした独自性を外に大きく打ち出せるようになってきたのは、利用者側のスマホ決済に対する“慣れ”が出てきたからでしょうか。

それはある。メルペイを出した2月の時点では、どこまで使ってもらえるか全然わからなかった。実際に還元含めいろいろな取り組みを行って、利用者・加盟店に支持してもらえるようになり、この夏くらいにやっと、ちゃんと立ち上がったなと実感できた。使ってもらえることはわかったので、それであれば僕らのカラーを出していこうと思えたのが、本当にこの6月くらい。ようやく自信を持てたという感覚だ。

自分たちの実現したい道を進む

――ペイペイは「日常に必要な機能を多岐にわたってそろえたスーパーアプリになる」とうたい、LINEペイも金融はじめ幅広く機能を追加しています。中長期で見ると、メルペイも同じような方向性を考えているのでしょうか。

青柳直樹(あおやぎ・なおき)/ドイツ証券を経て、グリーに入社。CFOとして資金調達、株式上場を主導するとともに、事業開発責任者としてゲームプラットフォーム立上げを担当。2011年よりサンフランシスコにて海外事業を担当。事業統括本部長を経て、2016年9月にグリー取締役を退任。2017年11月、メルペイ代表取締役に就任。メルカリの取締役も兼務(撮影:尾形文繁)

他社については言及する立場にないが、決済手段が多様化していく中、われわれとしては「信用を創造して、なめらかな社会を創る」というミッションを実現していくことが最重要だと考えている。そう考えると、一次流通と二次流通(フリマ)の連携のような、メルペイならではの可能性がまだまだ大きく、やりたいメニューも多い。

決済を基軸にした多機能化というのは1つの道だと思うが、われわれとしては、同時にいろいろな金融サービスを投入していくというより、メルカリやメルペイでの体験をよりよくした信用領域をまず深掘りしていくのがいいだろうと。各社の動向に左右されるのではなく、自分たちの実現したい道を進む。

次ページメルペイあと払いに分割払いを導入のワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT