つまらなさ気絶レベル!「酔った上司」の自慢話

リアルすぎる!「会社の飲み会」あるある図鑑

定時まであと5分、今日中に終わらせなくてはいけない仕事も片付け、「今日は飲みに行くぞ」と思った瞬間が最も危険だったりします。

なぜなら「この仕事お願いできる? 今日中に」と残業確定のひと言が舞い込んでくることがあるからです。その瞬間の悲しみといったら……。

仕事を頼まれてしまったら、心を落ち着かせて、相手を包み込むような笑顔で対応しましょう。あくまでもにこやかに。

そしてできる限りはやく仕事を終わらせましょう。残業は短ければ短いほどいいのですから。

また、仕事を押し付けた人のことを恨んではいけません。もしかしたらこの先、その人に助けてもらえる機会があるかもしれないからです。

結局は、助け合い。落ち着いて、落ち着いて。

みんながみんな飲み会を好きというわけではない

いかがだったでしょうか。

もちろん、もともとお酒を飲むのが好きな人や、職場の同僚が業務時間外も一緒にいたいと思えるほど気の合う人たちばかりの人なら、こんな小さなことで悩むこともないのかもしれません。ただ、そういった人ばかりでもないと思います。

また、飲み会に行きたくても慢性的な人不足や、仕事を他人に押しつける人がいて、飲み会に行けない人もいるかもしれません。

そういった人たちに、行きたくない飲み会を断る勇気や上司の自慢話を聞き流す度胸、残業のモチベーションが少しでもわいてくれたりしたらうれしいです。

(漫画:じゅえき太郎)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。