つまらなさ気絶レベル!「酔った上司」の自慢話

リアルすぎる!「会社の飲み会」あるある図鑑

はじめに言っておきます。この世に「無礼講」という言葉は存在しません。

昔、お酒に酔った同僚が上司の前で下品な一発ギャグを披露し怒らせてしまったのか、翌日謝罪に行くところを目にしたことがあります。これは会社のイベントを息抜きのお遊びと勘違いしてしまった結果が招いた事件でした。

たとえ業務時間外のイベントであっても、「会社の」イベントである飲み会やバーベキューで気を抜いてはいけません。一歩間違えれば、僕の同僚のように謝罪必須の事件になってしまいます。

そもそも飲み会には行きたくない、という人は正直に断りましょう。無理して飲み会に参加する必要はありません。ノリの悪いやつだと思われる可能性はありますが、「ダメ、絶対参加だから」と言ってくる人はいないでしょう。

酔った人の自慢話がはてしなくつまらない

次ページ逃れられない飲み会での悲惨なあるある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。