「明るい曲」が流行すると景気は良くなる

テキストマイニングで相関を分析してみた

ヒット曲の歌詞の明るさと景気には相関関係があることがわかったが、これだけでは「好景気だから明るい曲が流行った」のか「明るい曲が流行ったから好景気になった」のかという因果関係はわからない。そこで、両者のデータを1年ずつずらして時差相関を求めたところ、歌詞データの極性スコアを先行させたほうが相関係数は大きくなった。時差相関の関係からは、明るい曲がはやってから3年程度は好景気が続く傾向があることがわかる。

この結果から「景気は気から」である可能性が高く、明るい曲がはやることで世の中も明るくなり、景気が良くなるという因果関係を見出すことができる。

歌詞データとIMF、どちらが勝つか

明るい曲の流行が景気に与える影響を推計すると、歌詞データの極性スコアが1単位上昇する(明るくなる)と、名目GDP成長率は約0.026%加速する。歌詞データの極性スコアの前年差の標準偏差は55ポイント程度であるため、昨年より1標準偏差分だけ明るい曲が流行すれば、名目GDP成長率は約1.4%加速することになる。

それでは2019年はどうか。年間ヒット曲トップ10がまだ分からないため、7月第1週のヒット曲トップ10を用いて、最新の歌詞データの極性スコアを算出した。2018年の年間ヒット曲トップ10のスコアは▲350であり、19年7月第1週のトップ10の極性スコアは▲351と若干だが低下した。つまり暗い曲が増えた。19年やその後数年の名目GDP成長率は、18年のプラス0.7%を下回る可能性があるということだ。

IMF(国際通貨基金)の最新(19年7月)の経済見通しによると、日本の実質GDP成長率は18年がプラス0.8%、19年はプラス0.9%と見込まれている。名目GDP成長率は物価の動向にもよるが、年後半にかけて明るい曲が流行しなければ、IMFの経済見通しも下方修正される可能性が高くなるだろう。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。