「東京都のブランドロゴ」はなぜ2つもあるのか

ビジネスパーソンにも「デザイン力」が必要だ

もちろん、すべてのビジネスパーソンが、デザインをするわけではないでしょう。ですが、ビジネスを進めていくうえでは、どこかで「デザインの選択」をするシーンに出くわします。情報化、国際化が進んだ今日では、デザインにまつわる最も大切なものは、「デザインを選ぶ人のデザインリテラシー」と言っても過言ではありません。

皆さんの中には、2つのデザイン案を比べて、どちらがいいか迷い、困り果てて多数決を取るという経験をした方も多いでしょう。しかし、今すぐにデザインリテラシーを上げたい、と思っても、デザインを学ぶにはお金や時間がかかります。

私は、ノンデザイナーであってもデザインの良しあしを判断できるポイントを5つにまとめました。頭文字をとって「AISUS」と表記しています。

これは、「共感時代」と言われる現代の流れを汲んだ消費者モデルを示すマーケティング用語「AISAS(Attention/Interest/Search/Action/Share)」に準拠し、デザインにあてはめたものです。

・Accessibility(見やすさ、よみやすさ)
・Impression(印象・映え)
・Sincerity(信頼性・誠実さ)
・Uniqueness(ユニークである、独自性)
・Share(共感・共生・共創力)

とくに、最初の「Accessibility(見やすさ、よみやすさ)」と「Impression(印象・映え)」は、グローバル社会の中でははずせないデザインのキーファクターです。アクセスできなければ、印象が弱ければ、存在そのものが認知されません。「Sincerity(信頼性・誠実さ)」「Share(共感・共生・共創力)」は、とても現代的なアプローチです。信頼性に欠け、共感できないものは広がりません。「Uniqueness(ユニークである、独自性)」はマーケティング戦略の中でもスタンダードな考え方と重なりますが、競争優位を保つうえで欠かせないものです。

「これは違う」をはっきりさせる

『簡単だけど、すごく良くなる77のルール デザイン力の基本』(日本実業出版社)。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

「AISUS」は、読みやすく、わかりやすく、伝わりやすく、オリジナリティーの高いデザインをつくる、選ぶ際の指標となります。

「AISUS」のような判断基準は、企業やブランドの「デザイン・ガイドライン」を作成する専門家であれば誰でも知るところなのですが、その中心にあるのは発信者の哲学や行動指針への信頼であり、これが「デザインの空気感」の基準をつくり、デザインによって成し得たい「目的」の実現につながります。

デザインによって何を伝えたいのかという「目的」と、それがしっかりと伝わるようにどんなデザインが適切であるのかを判断する基準が明確になれば、「デザイン」という言葉が本来もっている「ある方向性に沿って計画を進める」ことが可能になります。また、「新しい価値を生み出す」プロジェクトも実現されるでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT