「マツダ3 SKYACTIV-X」乗ってわかった実力

ドイツでの試乗会に参加、日本発売は12月に

マツダのエンジニアに話を聞くと「理想の走りのために」と手間暇を惜しまない姿勢に感銘を受けるが、ATの話になるとなぜか口数が減る……。やはり認識しているのか。

ちなみに価格は314万~362万円とガソリンより約70万高、ディーゼルより約40万高のプライス。単純なコストパフォーマンスで見てしまうと不利なのは承知だが、それよりもガソリン/ディーゼルとの視覚的な差が「間違い探しレベル」な事が問題だと思っている。

個人的には世界初の圧縮着火エンジン搭載車を所有している喜びが感じられる「プラスα」を与えるべきだと思う。なぜ、世界初のロータリーエンジン搭載車がコスモだったのかを改めてよく考えてみてほしい。

夢の扉を開けたエンジン

いろいろ厳しい事も書いたが、現時点の結論を言うとスカイアクティブXは基本素性の優れた原石で、磨き甲斐のある逸材である。つまり、スカイアクティブXは「夢のエンジン」ではなく「夢の扉を開けたエンジン」だと思っている。

マツダ3 SKYACTIV-Xの後ろ姿(写真:マツダ)

かつてロータリーエンジンがそうだったように、今後の進化・熟成で「ハイブリッド/EVよりも明らかにいいでしょ?」と言わせてほしい。また、個人的には扱いやすく、動的質感が高く、さらに官能性を備えているユニットだと思っているので、ロードスターなどのスポーツカー向けユニットにも発展させてもいいと思っている。

このように内燃機関に徹底してこだわるマツダだが、電動化に対して否定的ではなく、並行して開発は進められている。つまり、「物ごとには順番がある」というスタンスだ。そんなマツダの電動化ビジョンに関しては、また別の機会に報告したい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。