「婚活」がうまくいかない人が陥っているワナ

相手への「毎日のLINE」がなぜ送れないのか

「そうは言っても、毎日、何を書けばいいんですか?」

「朝起きたら、『おはようございます。今日はいいお天気ですね。お互い、仕事を頑張りましょう』、夜は、『1日お疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね』、そんな他愛のない内容で、いいんですよ。そして、会う前日は「明日、どこどこに何時でしたよね。楽しみにしています」とか。これが日記のように1日の報告をこと細かくするのは、もらったほうもかえってうるさいと思う。2、3行でいいんです。お互いの距離をあけない、気持ちのテンションを下げないためのツールだと思えばいい」

さらにLINEの返信が遅い人、1カ月のうちに1、2度程度しか会えない人は、ダラダラと交際を続けていないで、さっさと交際終了にしてしまうことも大事だ。

「好きで手放したくないというのなら話は別ですよ。でも、“いったいいつ会えるんだろう”“交際を続けていく気持ちはあるのかな”、そんなふうに相手に対して思っているのなら、交際終了にして気持ちに区切りをつけたほうがいい。会えない相手とダラダラつながっていたら、気にかけているぶん気持ちが重たくなる。それが婚活疲れにつながるんです」

最短距離で成婚するためのアドバイス

頷きながら聞いていた真司に、もう1つアドバイスを加えた。

「3カ月をワンクールにして、自分の婚活を見直してみるといいですよ。ビジネスを成功させるには、PDCAを回せというでしょう? 婚活も同じなんです。まずは、どの辺りをターゲットにして婚活していくか計画(Plan)を立てる。そして、実践(Do)してみる。実践してうまくいかなかったら見直し(Check)てみる。改善点が見つかったら、それを踏まえてさらに行動(Action)を起こす。期間を決めて婚活のPDCAを回していくことが、婚活疲れを起こさずに、最短距離で成婚できるポイントなんですよ」

私の話を聞いていた真司が言った。

「これまでの僕は、かなり無駄な時間を費やしていたんですね」

結婚をするかしないか。その選択が自由に選べるようになった今の時代だからこそ、本気で結婚をしたいなら、自分に合ったやり方を考える。時間は有限なので、ダラダラと無駄に過ごすのではなく的確に行動をして、短期集中で結婚を決めていく。

真司の結婚を、今後は仲人として見届けていきたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。