映画「ひとよ」は家族の再生を描く人間ドラマだ

俳優たちが出演熱望する白石和彌監督の新作

さらに音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介など、まわりを固めるキャストもそうそうたるメンバーが集結している。

複雑な気持ちで15年ぶりに帰ってきた母を迎える稲村家3兄弟。左から次男・雄二(佐藤健)、長女・園子(松岡茉優)、長男・大樹(鈴木亮平) © 2019「ひとよ」製作委員会

物語は15年前、どしゃ降りの雨降るある夜。「稲村タクシー」の営業所に帰宅した母・こはるは、子どもたちに向かって「お母さん、さっきお父さんを殺しました」と衝撃の言葉を口にする。それが父親の暴力に苦しんでいた子どもたちの幸せとなることを信じていたからだ。

こはるは「15年たったら必ず戻ってくるから」と言い残して警察に自首をする。それから時は流れ、次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)という稲村家3兄妹は、事件の日から抱えた心の傷を隠したまま、大人になった。

雄二は家族と距離を置き、東京でしがないフリーライターとして働いていた。吃音のため人とのコミュニケーションが苦手な大樹は、妻から離婚を迫られていた。そして園子は、事件によって夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てていた。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまったように生きてきた3兄妹。そんな彼らのもとに母・こはるが15年ぶりに帰ってくる。

15年ぶりに帰ってきた母とどう向き合えばよいか

しかし彼らは、突然の母の帰還に複雑な思いを隠せない。次男の雄二は母に向かって「子どもたちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と辛らつな言葉を投げかける。一方の園子は「お母さんはあの人から、私たちを助けてくれた!」と母の行動を理解し、家族をつなぎ止めようとする。

そして長男の大樹は、母にどう接すればいいのかわからず戸惑うばかり。何かを置き忘れてしまった彼らは、過去を受け入れ、そしてもう一度人生をやり直すことができるのだろうか――。

今回、佐藤健が演じる雄二という役は、15年ぶりに戻ってきた母を受け入れることができない闇を抱えた男。過去の事件にとらわれ、やさぐれた日々を送る、というキャラクターで、彼がこれまで演じてきた等身大の青年像や、ヒーロー的な主人公とはひと味違う役となる。

そんな雄二の役作りとして、佐藤はまず無精ひげを生やすところからはじめたという。また、撮影現場でも極力ほかのキャスト・スタッフらと距離をとるようにして、ピリッとした空気をまとい、やさぐれたキャラクターを作りあげた。

次ページ田中裕子の存在感
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。