40歳女性が「6年間の不倫」を断ち切れたワケ

友達との集まりには絶対来ようとしなかった

だんだんと、“このまま付き合いを続けていていいのか”と、日々考えるようになった。

「でも、会っていると楽しいし、ここで別れて1人になるのは、登ってきたハシゴを急に外されるようで、とても不安でした。あと、ストーカー女の話を聞いていたので、結婚を迫って追いかけ回すようなことはしたくなかったし、奥さんがヒステリックな人だと聞いていたから、私はそうなりたくないと思っていた。

彼のことが好きで、彼に好かれたかったから、以前の女性たちとは違うところを見せたかった。でも、ものわかりのいい女性を演じていくことが、私の中でストレスになっていきました」

別れを決意した父の死

そして、付き合って5年が経った冬のある日、父親が風呂場で足を滑らせて転び、右足の付け根を骨折した。

「すぐに救急車で運ばれました。骨折ですから命に別状はなかったのです。でもその後、病院で検査をしてくうちに、すい臓がんが見つかったんです」

がんは思いのほか進行していて、治療の施しようがない状態だった。

「最初は通院していたのですが、だんだんと動けなくなり、病院に入院したら、3週間で亡くなってしまいました。あっけない最期でした」

父が入院してからというもの、家族は交代で病院へ見舞った。余命宣告もされていたので、家族の誰もが1分、1秒でも父と一緒に過ごしたいという気持ちだった。

「私には4つ下の妹がいて、すでに結婚をして幼稚園の年少と小1の2人の子どもがいるんです。妹も時間があると子どもを連れて、病院に行っていました。土日の休みは、旦那さんも一緒に家族で父を見舞う。そういう姿を見ていたら、私はなんて親不孝をしているんだろうと思いました」

既婚者である奏太は、万里子の両親の前に出てこられるはずもなく、一度も見舞いに来ることはなかった。

「私の友達の集まりにも参加しない。両親の前にも姿を現さない。それは、彼が結婚しているという後ろめたさがあるから。何年別居していても、都内で独身のような生活をしていても、戸籍がつながっていたら、夫婦なんですよね」

父が亡くなり、葬儀のときに祭壇に献花が飾られた。献花は故人と縁の深い順番に並べられていく。

「妹の旦那さんの名前の献花は、父の遺影のすぐ近くにありました」

子ども一同で万里子も花を出したが、奏太の献花はなかったし、もちろん葬儀に姿を見せることもなかった。

次ページ心の中で「お父さん、ごめんなさい」と謝った
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。