9月の内閣・党役員人事、二階氏の処遇が焦点に

麻生、菅両氏は留任、内閣に若手大抜擢か

G7サミットのため、フランスのビアリッツに到着した安倍首相夫妻、9月の内閣・党役員人事に何を思うのか(2019年8月23日、写真:ABACA PRESS/時事通信フォト)

「政局秋の陣」の幕開けとなる、内閣改造・党役員人事が9月前半に行われる。

参院選で勝利した安倍晋三首相は、2021年9月までの総裁任期をにらみ、「新体制での“安倍政治”の完結」(側近)を目指す。今回の人事を「安定と挑戦」と位置づける安倍首相にとって、党役員人事のポイントは派閥領袖の二階俊博幹事長と岸田文雄政調会長の処遇になる。

小泉進次郎・党厚生労働部会長の初入閣にも注目が集まるが、安倍首相は周囲にも胸の内を明かさず、ぎりぎりまで熟慮する構えだ。

若手を抜擢、内閣は大幅に改造

フランス・ビアリッツで開催された先進7カ国(G7)首脳会議に出席した首相は、8月26日(現地時間)に行った記者会見で「9月に人事を行う」と明言。新内閣についても「新たな人材に突破力を発揮してもらいたい」とし、若手の抜擢も含めた大幅改造の意向を明らかにした。

その一方で「安定と継続性も重視する」として、内閣の骨格である麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官の続投を示唆した。

今後の政治・外交日程などからみて、9月10日の自民党役員会後に党4役などの役員人事に着手して同日中に新役員を決めたうえで、11日から改造人事の党内調整を進め、12日午後にも第4次安倍再改造内閣発足という段取りが想定されている。

次ページ党役員人事の焦点は二階幹事長の処遇
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT