9月の内閣・党役員人事、二階氏の処遇が焦点に

麻生、菅両氏は留任、内閣に若手大抜擢か

一方、加藤氏は竹下派ながら「本籍安倍派」(自民幹部)と揶揄されるように、安倍首相の信頼の厚さが売り物だ。手堅い手腕には定評があり、「調整役にはうってつけ」(自民幹部)とされるが、「幹事長となると、党内の掌握力に不安がある」(閣僚経験者)との声も少なくない。

加藤氏には、同じ竹下派に茂木敏充経済再生相という強力なライバルがおり、幹事長就任の条件とされる派閥の領袖ではないことも弱点だ。

「菅幹事長」は党内の権力バランスが崩れる

その一方で、党内には「二階氏を引き継げるのは菅氏しかいない」(無派閥菅グループ)との声は多い。ただ、首相にとって「内閣の要は極めて重要」なことに加え、首相周辺からは「菅幹事長となると存在感が大きくなりすぎ、党内の権力バランスが崩れる」(細田派幹部)との懸念も広がる。安倍首相が「安定と継続性」を優先するのなら、菅氏は続投というのが常識的な見方だ。

麻生氏は、安倍首相の盟友で「精神安定剤」ともいわれている。もちろん、公文書改ざん事件をはじめとする一連の財務省不祥事の最高責任者だけに、各種世論調査でも「麻生氏は辞めるべきだ」が多数となっている。しかし、内閣の大黒柱で、10月からの消費税率引き上げを控えている。安倍首相も「余人をもって代えがたい」との考えとみられる。

主要閣僚人事も注目だ。中でも、河野太郎外相は続投説と交代説が交錯している。2年前の就任以来、過去に例のないハイペースでの外国訪問などで存在感をアピールしてきたが、「単なる回数だけ」(外相経験者)との批判も多い。

政界でも有数とされる語学力は評価が高いが、日韓問題で韓国の駐日大使を呼びつけ、「無礼だ」と罵倒した際は、「官邸からも厳しく注意された」(外務省筋)。野党からも「日韓関係を悪化させる外相は代えるしかない」(立憲民主党の枝野幸男代表)との声が出る。

次ページ最大の目玉閣僚はやはり小泉進次郎氏
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT