「老後の心配どころじゃない」カツカツな懐事情

「子どもに奨学金決断」「水商売を検討」

貧困と格差広がる庶民に年金不安が追い打ち……(写真:Mills/PIXTA)

8月27日やっと発表された年金財政検証。当初6月に発表されるとみられていたが、参議院選への影響を恐れ、先送りされたといわれている。

やはり、というか明るい見通しは何もなく、厳しい数字が並ぶ。例えば、今年度は61.7%だった所得代替率は、28年後には50.8%に低下。つまり、65歳の手取りは現状、現役時代の61.7%だが28年後にはほぼ半分になってしまうということ。

それすらも、経済成長と女性・高齢者の労働参加が進んだ楽観的なケースで、最悪のケースでは年金財政の貯金にあたる「積立金」が2052年度に底をつき、給付水準は36~38%に落ち込むと試算されている。

絶望、困窮、怒りの声

さらに、現在20歳の若者が、今年65歳の人と同等水準の年金を受け取るためには、68歳9カ月まで働き、保険料を納め、年金の受給開始年齢も同様に遅らせる必要があるのだという。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

今年6月3日、金融庁が「年金だけでは老後資金は2000万円不足する」とした報告書を発表した際も年金不安は大きく広がっていた。

そのため、週刊女性PRIMEが運営する掲示板『プライムちゃんねる』では「老後に2000万円の貯金、用意できる?」というスレッドを設置。そちらには2000万円という数字に絶望する声、目の前の生活にさえ困窮する声、政治への怒りの声など多くの叫びが寄せられた。

そこで今回はスレッドに寄せられた声をまとめ、皆さんの“老後と金”についての肌感覚に迫ってみたい。

まずは「2000万円なんてムリ!」という声。

「奨学金という名の学生ローンで貯金マイナスからの社会人スタートです。ボーナスもほとんど出ない会社みたいだし、2000万円なんて気が遠くなります。夜お水でもしようかしら。バーニラバニラ高収入♪が頭をループしています」

「軽いうつ病を患っていることもあり、安定した職につくことがなかなかできずにいます。将来ためと思って国民年金だけは何とか払っていますが、本当にこの払いさえなければと思う毎日です。平均的な人の場合で足りないのなら、月額1万6000円支払うのがやっとな私のような状況の人はいったい、どうなるんでしょうか」

次ページ会社勤めでまじめに働いてコツコツ貯金しても…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT