トヨタとスズキが資本提携、自動運転などで協力

両社が株式取得、トヨタはスズキの4.94%分

 8月28日、トヨタ自動車とスズキは、資本提携すると正式発表した。写真は業務提携に向けた協議に関する会見で握手を交わすトヨタの豊田章男社長(左)とスズキの鈴木修会長。都内で2016年10月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とスズキ<7269.T>は28日、資本提携すると正式発表した。スズキが第三者割当による自己株処分を実施し、トヨタがスズキの発行済み株式の4.94%に当たる2400万株を取得する。取得総額は960億円。

スズキは市場買い付けにより、480億円相当のトヨタ株式を取得する。

自動運転分野を含む新たなフィールドでの協力を進めていくという。

両社は2017年2月に業務提携に向けた覚書を締結、今年3月にはトヨタのハイブリッド車(HV)のシステムをスズキへ供給するなど、新たな協業について具体的な検討に入ることでも合意していた。

スズキは今回の自己株処分で得た資金について、自動運転分野の研究開発基盤の整備に充てるほか、2016年4月発行の転換社債の早期償還に伴って減少した運転資金に充当する。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。