新幹線延伸で「恐竜王国」福井はどう進化するか

開業準備が着々、在来線特急の行方に懸案も

福井駅西口の「恐竜広場」。右端は再開発ビル・ハピリン=2019年6月(筆者撮影)

北陸3県で唯一、新幹線が到達していない福井県に、2023年春の北陸新幹線・金沢―敦賀間の開業が迫る。同区間125.2kmは2019年度、事業費2638億円が計上され、工事が最盛期を迎えている。

この連載の記事一覧はこちら

開業区間のほぼ中間に当たる県庁所在地・福井市は「県都デザイン戦略」を掲げ、福井駅周辺や中心部の整備に余念がない。約70年前、度重なる戦災や震災を乗り越えて、「不死鳥」がシンボルになった。「恐竜」を新たなアイコンに、どんな未来を目指しているのか。2019年夏の横顔をのぞいてみた。

「恐竜王国」をアピール

北陸新幹線・金沢開業時、話題を呼んだスポットの1つが、開業に合わせてオープンしたJR福井駅西口の「恐竜広場」だった。高さ6mの草食恐竜フクイティタンのモニュメントが、「恐竜王国・福井県」をアピールする。その横に建つ再開発ビル・ハピリンは県内で最も高い21階建てだ。

福井駅東口の新幹線高架橋(左側)と、えちぜん鉄道福井駅=2019年6月(筆者撮影)

東口には、やや古びた新幹線高架が早くも姿を現している。正式名称は「北陸新幹線・福井駅部」。800mが先行整備され、2009年に完成した。開業後はホーム1面、線路2線で運用される。県庁所在地の新幹線駅にしては異例のスリムさだ。

福井駅部の工事は2005年に始まった。この年、福井駅一帯のJR北陸線の高架化が完了する一方で、北陸新幹線・長野―金沢間の工事が認可・着工されている。福井駅部の歴史は、新幹線に対する地元の強い思いを感じさせる。

次ページ駅の仕様変更で狭い新幹線駅に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT