アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

「サードドア:精神的資産のふやし方」が1位に

『サードドア:精神的資産のふやし方』が初の1位に輝きました(画像:zak/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、8月18日~24日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『サードドア』が初の1位を獲得

今週(8月18日~24日)のランキングでは、前週15位の『サードドア: 精神的資産のふやし方』(アレックス・バナヤン著、東洋経済新報社)が1位に輝いた。東洋経済オンラインの記事(ひろゆきが語る「1%の抜け道に気づく成功者」)で紹介され、注目が集まったという。

『サードドア:精神的資産のふやし方』(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

2位には前週4位の『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。特別な要因はなく、安定して人気を保っているという。

3位には、前週3位だった『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞著、株式会社ほぼ日)がランクインした。こちらも特別な要因は見られなかったようだ。

前週ランク外から18位に急上昇したのが『WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?』(坪井大輔著、翔泳社)だ。中田敦彦氏が動画で紹介したことで、注文が集まったという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。