Netflixの難病に挑む番組に見たテレビの希望

「お涙頂戴」でなく世界から知見は集められる

何の病気かわからず悩み苦しむ患者や家族のために、1人の医師がさまざまな医学知識を組み合わせ、治療の可能性を探っていくドキュメンタリー番組(写真:Netflix/Netflixオリジナルシリーズ『ダイアグノーシス』シーズン1独占配信中)

今月からネットフリックス(Netflix)で配信が始まったオリジナル番組『ダイアグノーシス -謎の症状を探る-』を見た。

この番組はニューヨーク・タイムズ・マガジンのコラムを基にしたリサ・サンダース医師の試みを追うドキュメンタリー。さまざまな患者の抱える不可解で難しい病状の診断をクラウドソーシング、具体的にはネットを通じた情報発信により、世界中の医療関係者やその病の経験者、家族からもたらされるさまざまな医学知識を組み合わせて1人の患者の病名を特定し、治療の可能性を探る内容だ。

サンダース医師はイェール大学医学部准教授で、作家・ジャーナリストでもある。2004年から放送された難病を扱う大人気ドラマ『ドクター・ハウス』の医療監修を務めたことでも知られている。

タイトルの“ダイアグノーシス”とは、「自動車の各種センサーが正常に作動しているかを確認するための自己診断機能のこと。「ダイアグ」と略されることが多い。ギリシア語由来の英語で、元の意味は「診断」を意味する」(Weblio辞書より)。

シーズン1の第1話「答えの追求」の前半ストーリーはこうだ。核心に触れる部分はなるべく割愛してお伝えするが、一部はネタバレになるのでご注意いただきたい。

病と闘う人の現実を克明に描く人間ドラマ

アメリカのネバタ州ラスベガスに住む23歳女性のエンジェル・パーカー(Angel Parker)さんは、14歳のときから突然、身体に激しい痛みを感じるようになった。症状が起こると筋肉が痛くなり、尿は真っ黒。歩けなくなったり動けなくなったりする。

病院で診断してもらうと関節リュウマチや多発性硬化症でもなく、どんな医師にも病名が「わかりません」と言われる。彼女は恋人のマック・ロケット(Mac Lockett)さんと同棲しながら、長年にわたってこの原因不明の症状に立ち向かっている。

このことを知ったサンダース医師が、ニューヨーク・タイムズから力を借りて、記事や動画などを使ってネットで情報発信を開始。世界中から情報を募って力を合わせて病気を特定しようとする。次々と世界中から情報が寄せられるが、治療費の問題なども浮上。病と闘う人の現実を克明に描いている。

光を当てているのは当事者だけではない。家族をもクローズアップし、絶望の淵で自暴自棄になっている両親も描かれている。父親は「どうせ」「わが子だけ」と怒りをあらわにしている。実は母親も足に同じような症状を持つ。夫は妻の遺伝のせいだと責めたてる。見ていてつらいシーンだ。

次ページ有名人やタレントが誰1人として出ていない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。