知っ得!SNSとメールで使う「英語」はこう違う

チャットのつもりでメールをすると…

こうした略語ができた背景の1つとして、当然リアルタイムにやり取りするうえで省略したほうが早く文が打てるということがあります。また別な理由として、文字数に上限のあるシステムの中で上手く文字数を少なくする工夫として始まったようです。例えばTwitterは280文字(スタート時は140文字)という上限がありますので、cu tmrwの6文字なら8文字節約になるというわけです。

Twitter全体の中に占める日本語の比率はとても高く、日本人は誰よりもTwitterが大好きです。これは日本語では少ない文字数で多くの意味を持たせることができるからといわれています。

「焼肉定食」という4文字で肉を焼いたセットメニューの料理であることがわかりますが、これが英語だと4文字ではMeatしか伝えられず、まだ肉を焼いてすらいない、というジョークがあります。日本語は、英語(アルファベット表記)圏よりもTwitterには相性のよい言語なのです。

絵文字は日本が生んだ「世界言語」

日本ではSNSの略語は若者の文化から発生しているようですが、英語については必ずしもそうではなく、意外に年齢の高いビジネスマンでも平気で略語を使います。実は英語圏ではスマートフォン以前の時代から文字数に制限のあるテキストメッセージ(日本ではショートメールなどと呼ばれていたSMSのこと)が多用されていたので、略語カルチャーはその時代から存在していたのです。

欧米がテキストメッセージを使っていた頃、日本はいわゆるガラケーという独自の技術進化を謳歌していた時代でした。テキスト数にほぼ上限はなく、写メールなどのリッチなコンテンツを誰もが共有する体験を世界のどこよりも早く経験していました。その中で誕生したのが絵文字ですね。

英語圏にもEmoticon(Emotionとiconを合わせた造語)というものがありましたが、例えば笑顔は「:)」だったりと、日本の絵文字に比べると「もうすこしがんばりましょう」のスタンプを押してあげたくなるような完成度でした。

その後スマートフォン時代になると絵文字はunicodeというコンピュータで用いる文字コードの世界標準に採用され、日本の絵文字は世界のemojiへと発展してゆくことになります。ガラケーといいますと日本のテクノロジーの悪しきものの代表のようにいわれますが、絵文字は数少ない日本発の世界標準で、SNS時代の重要な表現手段として世界中で使われています。

次ページオンラインゲームでよく使う英語は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT