ベテラン営業マンほどやらかす「致命的なミス」

お客様の話の流れをぶった切るNGな受け答え

ベテラン営業マンほどやりがちな失敗とは?(写真:xiangtao / PIXTA)
せっかくお客様との会話が盛り上がり始めたのに、なぜか急にお客様のテンションが下がり、自社商品の紹介までたどりつけなかった……という経験を持つ営業マンは多いでしょう。じつはそれ、営業マンが話を盛り上げようと行った「ちょっとした話し方」が原因です。
うまく商品説明まで話をつなげられる営業マンと、世間話だけで終わってしまう営業マン。両者の違いはどこにあるのでしょうか。
累計3万人超のセールスパーソンを指導し、『世界一シンプルなモノの売り方』の著者でもある青木毅氏が、お客様に気持ちよく話してもらう極意を伝えます。

会話の基本は「好意」「質問」「共感」

営業マンがお客様とのコミュニケーションでまず重視すべきことは、「目の前のお客様に興味・関心を持つ」ということです。

そのための具体的な方法は「相手に好意を示す」「質問をする」「返答に共感する」という3つのステップ。たとえば、お客様が社長なら

「今日はお時間を取ってくださり、ありがとうございます(好意)。この会社を作られて30年とお聞きしていますが、それだけ長くやってらっしゃると、いろいろなことがおありになったと思いますが(質問)」
「そうだね、いろいろあったよ」
「そうですよね(共感)。特に印象深いことはありますか?(質問)」
「会社を興して順調に来ていた時に、バブル崩壊があってね。あの時期は厳しかったね。商品が全然動かなくなってね」

 

このような会話になります。

質問をするときは、できるだけ相手の過去の個人的な話を聞きましょう。たとえば社長ではなく一般社員の方なら、「○○さんはこの会社に勤められてどのくらいですか?」「ずっとこのお仕事を担当されているのですか?」などです。

ここで2つ、重要なポイントがあります。

次ページベテランの営業マンほどやらかしてしまいがちなのは…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。