堀江貴文「結婚という制度に縛られなくていい」

結婚は「田んぼを守るためのシステム」だ

また彼女は「あなたの通帳を預かったほうがいいと思うの」と言った。それもバカげている。当時、僕が取り扱っているお金の額は、妻のような普通の若い女の子が扱えるような金額ではなかった。

通帳の預金額は、数十万円ぐらいだと思っていたのだろうか? 無理に決まっているでしょと言うと、「家族を信用できないの!?」とキレられた。

一事が万事そんな具合で、まともに話し合いができなかった。僕たちがもう少し大人で、相手をおもんぱかる余裕があれば、冷静に話し合えたのかもしれない。

だけど僕たちはまだ、20代半ばだった。若すぎるといえば若すぎた。仕事から家に帰るのが、本当に苦痛になった。ずっと体調がすぐれず、家への道を歩くたび、はぁ〜とため息をついていたのを覚えている。

仕事では、魅力的な人と出会う機会が多かった。夜の会席の場で、話の合う、頭のいい美女ともたくさん知り合った。たびたび、いい雰囲気になったのだが……連れて帰ったりできなかった。帰り際、女の子を寂しく見送るしかない。

妻帯者なので、当然といえば当然だ。けれど、結婚していたら、なんで自由に恋愛できないんだろう?と、疑問に思ってしまった。

浮気なんてするもんじゃない

妻は、僕の浮気は許さないけど、外で遊んでくるのは許してくれていた。「したくなったら、外でお金を払ってやってきて」というスタンスだった。バレなければ浮気してもいいということかもしれない。周りには奥さんに気づかれず(気づかれているのかもしれないが)、うまいこと愛人とたくさん遊んでいる経営者もいた。

でも僕は、そういうのは面倒くさい。好きな人に対して一途とも言えるが、浮気がバレないように、身の回りや言動をケアする手間をかけるのが、すごく嫌なのだ。それこそ無駄な時間を取られてしまう。

話は飛ぶが、現在、僕はホテル暮らしをしている。仲良くなった女の子を部屋に招くのだが、彼女たちは「石けんが減っている」「クッキーの数が少ない」など、目ざといところに気づく。鬱陶しいな……と思う。

恋人の示す“差分”に敏感というか、総じて恋愛では女の子のほうが神経質だ。言い訳してなだめたり、あれこれご機嫌をとるのは、とても重労働だ。浮気なんか、するもんじゃない。

次ページ元妻との生活は「その後」どうなったか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。