AIによれば9月も日銀は追加緩和に動かない

再びAIに政策委員の発言を分析させてみた

2016年以降の「主な意見」について、どの委員の発言に近いものが多かったかを調べた。前述したように、本来は各委員が均等に選ばれている可能性が高いものの、時系列で見ると、傾向としては黒田総裁の比率は常に高いという結果となった。この分析結果は、「全体的に誰の意見に近い文章が多かった」のかという傾向を示しているので、「誰の意見に寄っているのか」という視点で議論することができる。

リフレ派のコメント率上昇なら、次の会合で緩和

次に、2016年以降のデータ分析結果と過去の「金融緩和イベント」との関係を調べた。今回は「マイナス金利導入の決定」(2016年1月)、「ETF買い入れの増額」(2017年7月)、「物価目標の達成時期の延期(廃止)」(2016年4・11月、17年7月、18年4月)、「フォワードガイダンスの明確化」(2019年4月)を「金融緩和イベント」として分析した結果、以下の2つの特徴が得られた。

①「金融緩和イベント」があった決定会合の「主な意見」は黒田総裁を中心とした日銀執行部(黒田総裁、雨宮副総裁、若田部副総裁)とみられるコメント率が高い

② 「金融緩和イベント」がある1回前の決定会合の「主な意見」はリフレ派(原田委員、片岡委員)のコメント率が高い

これらの特徴は、「金融緩和イベント」ありの決定会合を「1」とし、「政策変更なし」の決定会合を「0」としたダミー変数を作成し、「主な意見」のコメント率との相関をみることで得られた。具体的には、「金融緩和イベントダミー」と執行部のコメント率の相関係数を求めると、約0.35となった。

次ページ9月の追加緩和の可能性は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT