「がん検診」現役医師が教えるデメリットの数々

「不十分なエビデンス」に基づいた検診の弊害

多くの方が思っていたよりも、偽陽性の割合はずっと高いのではないでしょうか。どのような検査でも一定の割合で不正確な結果が出ます。がんの人よりもがんではない人が圧倒的に多いので、がん検診で多くの偽陽性が生じるのは仕方がないことです。

それでも公的に推奨されているがん検診では、精密検査は特定の臓器だけを対象に行えばすみます。肺がん検診だと胸部CT、大腸がん検診だと大腸内視鏡検査といった具合に、臓器ごとに精密検査を行えばいいのです。

一方、複数の臓器のがんを発見できる検査で陽性になった場合、全身を調べる必要があります。胸腹部CT、腹部エコー、上部消化管内視鏡、下部消化管内視鏡、女性ならマンモグラフィーに乳腺エコー検査、脳腫瘍を心配するなら頭部CTに頭部MRIも追加し、全身PET検査まで行う人も出てくるかもしれません。

「カネ目当て」の医療機関もある

さまざまながんを一度に発見するような検査は、「がんではない人を正確にがんではないと判定する能力」が極めて高くないと実用的ではありません。

『医師が教える 最善の健康法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そして現在のところ、そこまで正確なリキッドバイオプシーは存在しません。偽陽性が多く、検査がたくさん必要になると、検査を行う医療機関にとっては金銭的な利益になるということも指摘しておきます。

ただし、誤解してほしくないのですが、がん検診がすべてダメだと言っているわけではありません。利益が害を上まわるがん検診もあります。やみくもに検診を受けるのではなく、利益と害について理解したうえで、有効な検診を選んで受けましょう。

また、検診はあくまでも症状がない人が受けるものです。がんを疑うような症状がある場合は、早めに病院を受診してください。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。