名門コースが目の前に!ゴルフ練習場の凄い進化

トップトレーサーなど最新システムを導入

トップトレーサーでプレーできるペブルビーチゴルフリンクスの7番ホール(筆者撮影)

2019年6月に開催された第119回全米オープンはアメリカのゲーリー・ウッドランドのメジャー初優勝で終わった。今年の舞台は全米屈指の名門コース、カリフォルニア州カーメル半島にあるペブルビーチゴルフリンクス。全米オープン開催も今年6回目で毎年アメリカPGAツアーも開催され、知名度の高いゴルフ場だ。

その名のとおり、太平洋に面した、美しいコースで、海に向かって打つ7番107ヤードのパー3ショートコースは世界的に有名である。ゴルファーならば一度は挑戦したいホールでもある。

そんな美しいコースをアメリカまで行かなくても、身近にリアルに体験できるシステムが登場しているのをご存じだろうか? 打ちっぱなしといわれるゴルフ練習場に、である。自分で打った球の弾道を見ながら体感することもできる。今、ゴルフ練習場の進化が止まらない。

ゴルフ練習場、復活に向けたシステム導入

公益社団法人全日本ゴルフ練習場連盟の調査によると、打ちっぱなしと言われるアウトドアの練習場は2019年2月28日現在で全国に2519ある。この数はピーク時の半分近くに減少した。日本の少子高齢化の影響でゴルフ対象人口の減少とともに、ゴルフ人口も減少しているので、当然の結果である。

最新の2018年『レジャー白書』によると、ゴルフ練習場の売上規模は、1270億円(2017年)。この金額もピークの半分である。ゴルフ練習場の減少傾向をこのままにしておくと、ゴルフ全体の衰退は目に見えている。練習場もスクール導入や、ショップの充実などで生き残りをかけている。そんな状況の中で、冒頭に書いた新しいシステムを導入する打ちっ放しの練習場が登場してきたのだ。

国内女子プロトーナメントの試合でのトップトレーサーの弾道を示したもの(筆者撮影)

全米オープンやゴルフトーナメント中継をみていると、選手が打ったボールの弾道がテレビ画面に表示されている。

ボールの軌跡が画面上に残り、ドローボール・フェードボールなど球質の違いや球の高さが一目でわかり、プロたちのコースへの攻め方がよくわかる。

選手によって弾道の軌跡が色分けされていてわかりやすく、ゴルフ中継にはなくてならないものだ。このテレビ中継技術は北欧のスウェーデンで開発されたもので、「トップトレーサー(Toptracer)」という商品名である。2006年に開発されて、トップトレーサー社は特許も取得している。

次ページトップトレーサーは何がスゴいのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT