ソフトバンクショップ、「過大な景品」のなぜ

販売代理店を追い詰めるキャリアの恐怖政治

ソフトバンクショップで、過大な景品をつけた販売が行われていた。写真は今年5月の決算説明会でプレゼンテーションするソフトバンクの宮内謙社長(撮影:梅谷秀司)

「今、この場で契約を決めていただければ、JCBのギフトカード8万円と、さらにニンテンドースイッチ、プレイステーション4、ダイソンのハンディ型掃除機の3つのうちから、お好きな2つを差し上げます」

キャリア各社が激しい顧客争奪戦を繰り広げていた今年3月、スマートフォン1台の購入と1人分の通信契約に対し、こんな大盤振る舞いを提示してきたソフトバンクショップがあった。景品総額の大きさから、こうした行為は景品表示法(景表法)に違反するとみられる。

iPhoneと2年間の通信契約に6万円超の景品

景表法では行き過ぎた景品を禁じており、上限を「取引価額の10分の2」としている。過剰な景品を認めれば競争環境が歪められ、消費者間の不公平や、本来の商品やサービスの品質低下を招く恐れがあるためだ。

このショップの入り口にはニンテンドースイッチなどのゲーム機が山積みにされ、横にはダミーなのか、大きな福引機が置かれていた。

記者が店員に「MNP(他社からの乗り換え)を検討している」と告げると、「ものすごくお得にしますよ」と熱心に勧誘してきた。そして、ソフトバンクが力を入れて売り出している大容量の通信プラン「ウルトラギガモンスター+」の2年契約に加入するなどの条件で、冒頭の特典を付けると持ち出してきたのだ。

次ページゲーム機山積みの店舗で熱心な勧誘
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT