知らないと危ない!「雷」をめぐる2つの事実

長靴やレインコートでは身を守れない

雷にまつわるもうもうひとつの言い伝えに「稲妻と雷鳴の間隔が空いていたら安全」というものもあります。光は一瞬でやってきますが、音が伝わる速さは秒速340mなので、ピカッと光ってからゴロゴロと鳴るまでに10秒かかれば、落雷した場所は3.4km先ということになります。それなら、そこまで近くはないと胸をなでおろす人は多いのではないでしょうか。しかし、残念ながら、この言い伝えも信用してはいけません。

というのも、積乱雲の大きさはだいたい十数キロあります。たとえ3.4km先で落雷があっても、頭上に積乱雲があるのなら、次の瞬間には自分の頭上に落雷する可能性があるのです。というわけで、雷鳴が聞こえたら、自分にも落雷する可能性があると考えて、すぐに安全な場所に避難することが大切です。

「雷様におへそを取られる」は案外侮れない

雷にまつわる言い伝えには「おへそを出していると、雷様におへそを取られる」というものもあります。現代でさすがにこれを信じる人はいないと思いますが、案外侮れない言い伝えです。発達した積乱雲からは冷たい下降流が吹き出すため、積乱雲が近づくとヒンヤリした風が吹きます。つまり、雷が鳴っているときは肌寒くなるので、おなかを冷やさないように戒めるための言い伝えなのではないかという説があるのです。

というわけで、雷の安全に関する言い伝えは鵜呑みにせず、認識を改めて正しい安全対策をとってほしいものです。空が暗くなってきたり、ゴロゴロという音が聞こえたり、ヒンヤリした風が吹いてきたりしたら、積乱雲が近づいているサイン。

気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」「雷ナウキャスト」や、スマホアプリに搭載されている「雨レーダー」の項目などを活用して、積乱雲の今ある場所や今後の動きを確認し、なるべく早く安全な場所に避難するようにしましょう。

また、朝の天気予報で「大気の状態が不安定です」というフレーズが出たら、その日は積乱雲が発生しやすい状態であるということです。雷や急な大雨が発生しやすいので、外に出る予定があるときは、十分に注意したいですし、イベントを予定しているのなら中止や延期も視野に入れたほうがよいかもしれませんね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT