知らないと危ない!「雷」をめぐる2つの事実

長靴やレインコートでは身を守れない

さて、雷はさまざまな被害をもたらします。人に落ちれば、心臓や呼吸が止まって死亡するか、死に至らなくても意識を失ったりやけどを負ったりします。ですから、雷が発生したら、すぐに身を守る行動をとらなければいけません。

昔から、雷にはさまざまな言い伝えがありました。例えば「雷が鳴っているときは、金属を身に着けないようにすれば大丈夫」「ビニールのレインコートを身に着けていたり、ゴムの長靴を履いたりすれば、雷の電気を絶縁するので大丈夫」という言い伝えを聞いたことはありませんか?

レインコートや長靴で絶縁するのは不可能

実はこれらの言い伝えは、さまざまな実験の結果、まったくの迷信であることがわかっています。そもそも、雷雲と地面の間にある空気だって絶縁体なのです。そこにも電流が流れてしまうほど強い電圧なのですから、雷の電気をレインコートや長靴で絶縁することは難しいのです。雷が落ちやすいのはとにかく周囲よりも高い場所であり、金属を身に着けているかどうか、絶縁体を身に着けているかどうかは関係ないのです。

それよりも危険なのは、雷が発生しているときに公園やゴルフ場、野球場、海の上や河川敷などの広くて平らなところに立つことです。また、傘や釣り竿、ゴルフクラブ、野球のバットなどの長いものを持っているのも危険です。

もし、雷の音が聞こえたら、すぐに建物や車の中などの安全な場所に避難するようにしてください。なお、雷が落ちるときは建物や車の表面を伝って地面に到達します。車や建物の中は安全とはいえ、窓ガラスや壁には触らないようにしましょう。

雷が鳴っているときはたいてい雨も降っています。高い木の下で雨宿りしたくなるものですが、これも非常に危険です。というのも、雷はまず高い木に落ちるのですが、木よりも人体のほうが電気を通しやすいので、木に落ちた雷は木の下にいる人体を経由して地面に到達することがあるのです。これを「側撃雷」といいます。ちなみに、家などの軒先での雨宿りでも側撃雷を受ける可能性があるので、必ず建物の中に入るようにしましょう。

次ページ「稲妻と雷鳴の間隔が空いていたら安全」はウソ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT