「一口だけ」のつもりが全部食べてしまう根因

スイッチが入ったように食べてしまうなぜ

過食と血糖値・ホルモンの関係について解説しています(写真:tomos/PIXTA)

「少しだけ食べたい!」

でも、お菓子の袋を開けたら食べるのが止まらず、結局は最後まで全部食べてしまい自己嫌悪に陥る……なんてこと、ありませんか?

「ただおいしいから」「ただお腹が空いていたから」。もちろん、そういうときもあるでしょう。でも、いつもなら「このくらいで止めておこう」と自分でコントロールできるのに、できないときってありますよね。

「食べるのが止まらない」ときには、頭ではこんなに食べたらダメとわかっていても、なかなか自分の意志ではコントロールが利かないものです。こんなとき、「意思が弱い」などと思ったりしがちですが、自分ではどうにもならない体の構造が関係している可能性があります。

スイッチが入る感覚

こんなとき「スイッチが入る」ような感覚になると言う方が多くいらっしゃいます。皆さんも多かれ少なかれ、そのような感覚を感じた経験がおありでしょうか。実は、このような状態、つまり「スイッチが入る」感覚には、理屈が考えられます。

その理屈とは、単なる理性の問題だけではなく、血糖値とホルモンが関与している可能性があるということです。ホルモンが関与しているとなれば、自分の意志でコントロールできないのは当然です。それでは、血糖値とホルモンについて、お話をしていきましょう。

皆さん、「血糖値」をご存じでしょうか? 「血糖値」は、私たちの体内を流れる血液中のブドウ糖の濃度のことで、ヒトが命を維持するために必要なエネルギーの源です。ヒトが安定してエネルギーを生み出すためには、血糖値は空腹時でつねに約80~100(単位:mg/dl、以下略)を必要としています。

次ページ低血糖に陥ると…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。