西武国分寺線、知る人ぞ知る“地味路線"の素顔

ベテラン社員に聞く「日常風景」に隠れた魅力

最近でも新しい宅地造成は続いていて、古くから沿線に暮らす人もいれば、最近越してきた若い人も多い。東大和市駅付近は新しいマンションも多く建ち並び、注目度も高い。

着席して帰宅できる「拝島ライナー」(筆者撮影)

2018年からは西武新宿駅から直通する着席列車「拝島ライナー」の運行も始まって利便性も高まっている。

朝はJRで会社に行って、帰りは座りたいから「拝島ライナー」を使うというお客も多いようだ。若い頃に萩山駅近くの寮で暮らしていたという藤村管区長は言う。

「だからこのあたりには愛着がありますよね。そういう西武の社員も結構多いんです。若いときに萩山とか西の方の社宅にいて、結婚して子供ができて家を建てようという時になじみのあるこっちに、と」(藤村管区長)

西武鉄道の“本線格”といえば、やはり池袋線と新宿線。ただ、そうした中でも“西武ローカル線”に愛着を抱く社員は結構多いのだ。いかに国分寺線や拝島線の沿線が「のどかで過ごしやすい」エリアなのかがうかがい知れる。こうした沿線を持っていることも、西武鉄道の1つの強みなのかもしれない。

黄色い電車が青春の思い出に

そんな小川駅管区で働く社員のお気に入りはどこなのだろう。大友副管区長が「夜の駅が好きなんですよ」と教えてくれた。静かな夜のホームのベンチに学生たちが腰かけてひとときのおしゃべりを楽しむ。そうした光景に、自らの青春がプレイバックするのだとか。

「実は私、中島みゆきのファンでして、『ホームにて』って曲があるでしょう。あれが頭の中を流れてくるんですよ。学生さんのなまりなんかを聞くと。自分の青春時代を1人で回想して楽しんでいます(笑)」

国分寺線を毎日利用する学生たちにとって「黄色い電車」は青春の1ページになりそうだ(筆者撮影)

『ホームにて』には「振り向けば空色の汽車」というフレーズがある。西武線ならば“黄色の電車”になるだろうか。毎日電車で通学している学生たちにとっても、国分寺線の駅は忘れることのない青春時代の思い出の1ページになりそうだ。

池袋線や新宿線のように昼夜を問わずたくさんの人が行き交うわけではないローカル線だが、国分寺線には地域の人たちの暮らしを確かに支え、時には故郷への憧憬を誘う、そんな温かい風景があった。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。