西武国分寺線、知る人ぞ知る“地味路線"の素顔

ベテラン社員に聞く「日常風景」に隠れた魅力

住宅地を走る西武鉄道国分寺線の電車。池袋線や新宿線と比べ地味な存在だが…(筆者撮影)

「西武鉄道の路線」と聞いて、どこを思い浮かべるだろうか。多くは池袋線や新宿線だろう。どちらも首都圏を代表する大手私鉄の通勤路線。山手線の駅と結んで、昼夜を問わずたくさんの利用者でにぎわっている。

が、その一方で、そうした大幹線とは違う顔を持つ路線もある。例えば、国分寺線。国分寺と東村山を結ぶ短い路線で、西武の路線網の中ではいわばローカル線。もっと踏み込んでいえば、地味な路線である。沿線に住んでいるわけでもなければこうした路線の名前を聞く機会は少ない。

国分寺線はどんな路線?

名前を聞かないのだから、乗る機会などもっと少ない。日常的な西武線ユーザーでも、池袋線沿線に住んでいたら国分寺線などほとんど縁がなくてもおかしくない。

だが、そうしたローカル線であっても、しっかりと西武の路線網に組み込まれているのだから、地味な存在扱いで済ますのはいささかかわいそうである。これらの路線を日常的に使っている人からすれば、「ローカル扱いとはどういうことか」と思う向きもあるだろう。

そこで今回は西武のローカル線のうち、国分寺線と拝島線についていったいどんな路線なのかを探ってみることにしよう。

次ページ何の変哲もない住宅地を走る
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。